スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちばYOSAKOI 本祭

10 29, 2007
9時50分に中央公園に到着。
予定よりちょっと遅くなってしまい、急いで桟敷席のチケットを購入。
通常演舞のほうは希望通りセンターの最後部を取れましたが、ファイナルは既に埋まっていたので一列前へ。

昨年は開会式が終わった後に桟敷席を設置していたので、トップバッターの舞神楽の踊りに間に合わず、演舞中に人がどんどん入ってきてしまったなんてことがあったが、今年は事前に設置がされており、余裕をもって着席、演舞を最初からしっかりと観ることが出来ました。

まず始めにごみ箱の問題。
各売店にごみ袋が設けられていたんですが、他のお祭りにあるようなごみ箱の設置は無し。「ひろえば街が好きになる運動」というのもやっていたので、「ごみは持ち帰りましょうと」言う事かもしれませんが、持ち帰ってもごみはごみ。ごみが出ないような販売方法も考えても良かったのではないかと思います。フランクフルト1本買うのに、プラスチックのフードパックやらケチャップやマスタード容器が付いてくるのを見て、これじゃごみは無くならないよと思ってしまいました。

今年はメインステージに陣取り、全67チームのうち2、3チームは見逃してしまいましたが、後は大体観ることが出来ました。
全チーム観たかったのですがさすがにこれは無理、10時30分から17時30分の長丁場です、トイレ休憩や食事もあるのでこれは仕方ない。

どのチームもレベルが高くて、非常に見応えがあるステージでした。

一ノ宮輝翔連は最初から鳴子を持っての演舞。とてもかっこ良かったんですが、それだけに茂原や黒潮でも鳴子を持った踊りを観たかった。しかし千葉のレベルを一段上げるきっかけになったチームだと思う。
舞ちはら。いや~素晴らしい! 照明に反射する衣装、そして踊りが非常に綺麗。ビデオを撮らなかったのが残念。
チーム利ゑ蔵。海幕祭、茂原、マリンスタジアム、そして今日。ずっと観ている(でもないか(^^ゞ)が観るごとに上手くなっているのが良くわかる。特に9月のマリンスタジアムあたりから急激に進化している感じ。
荻組いぶき。踊っている姿は一見鬼気迫る雰囲気だが、よく見ると皆笑っていたりする。このチームを追い掛けていたら幸せを味わえるかも知れない。ちなみに、時は流れ、去り行くものは数あれど、この大地に宿る命の息吹は、幾時も永遠の宝なり。覚えました(笑)
舞粋風は人気あるな~。一番声援が多かったと思う。私がコメントしなくとも良いでしょう(笑)

ファイナルに残ったチームはどこも素晴らしいの一言。
Kーone動流夢や勇舞会が残れなかったのが驚きだが、ファイナル演舞を観ればこの8チームのどこかが残れなかった時に、同じように驚くと思う。
夏舞徒、美遊は、贅肉をそぎ落として透明感のある踊りと言うのか、酒に例えれば大吟醸といった感じ。
北天魁はまたちょっと違う。何だか良く解らないけど(^^ゞ凄いという感じで、渋味もあるんだけどそれも含めて味わいになっている。
北天魁は断然距離をおいて観た方が良いと思います。近くだと全体のスケール感がわからないかも。
この踊りっていうのが結構私の好みにピタっと嵌る感じで、ほとんど間を入れずに踊りがどんどん流れ、フォーメーションも流れるように変わっていく。ステージ上で観客に見えている部分は必ず動いている。一見止まっているように見えても良く見ると動いている。

ところで、美遊は2年連続でファイナル進出。2強には人数等で完全に追いついたとは言えないかも知れませんが、実績的にはかなり肉薄している感じです。このチームも行く先々のコンテストでゲスト扱いにされてしまうのでしょうか? せっかく頑張って追いついたら、あなたはゲストね! じゃ可哀想だな~。

最後に、
色々なチームを観ましたが、たった4分半の中で数秒間でも踊りが止まってしまうのはどうかな~。間は否定はしないけど、観ている側からしたらその後の踊りはかなり期待してしまう。自らハードルを高くしなくとも良いんじゃないのかな~と思ってしまう。間ではなくて移動だけで数秒間止まるのは、う~ん(笑) まぁあくまでも私の好みですからね。

写真は選別作業中です。てか座って撮っていたので良い写真はありません(^^ゞ
幾つかのチームの方に連絡差し上げると思いますが、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

ちばYOSAKOI1日目

10 27, 2007
行ってきました中央公園。
千葉駅でキャスターバッグや旗を持った人たちが改札口に向かっているのを見て、あれ? と思っていましたが、やはりキッズ大会は中止ということでした。
行く前にちばYOSAサイトを見て、特に何も書いていなかったので行ってきたのですが、実行委員の方たちもギリギリまで悩み抜いた末の苦渋の選択だったのでしょう。
この雨の中、キッズに踊らせることは相当な負担を強いることになりますし、観ていても純粋に楽しめないでしょう。
しかし、ここを目標に頑張ってきたチームのことを考えればやはり簡単には中止には出来ない。
難しいところですね。
b2007_1026.jpg



まぁ気持ちを切り替えて、明日の本祭。
どうやら太陽の下での演舞を観ることが出来そうです。
ちばYOSAサイトによれば、

「昨年まで一般6チーム、ミニマム2チームが表彰されていましたが今年は新たに賞が増えました。
一般からは優秀賞2チームとYOSAKOIソーラン祭り組織委員会会長賞、審査員特別賞が与えられます。
ミニマムは大賞と準大賞に加え「チバテレビ賞」が増えました。」

昨年まではステージ上で審査発表を待つファイナル8チームのうち、下位2チームは表彰されなかったわけですが、それを止めて全チーム表彰しようと言うことですかね。
YOSAKOIソーラン祭り組織委員会会長賞と審査員特別賞はファイナル進出チーム以外からの選出ということでしょうか。
これは良いですね~。あまり賞が増えるのもどうかと思いますが、ファイナル発表の後、呼ばれないチームのモチベーション低下ってかなりあると思うんですよ。
ファイナルに残れなくても表彰されるかもしれないとなれば、どのチームも表彰式まで残りますもんね。おぬしやるな~。
ミニマムは3チーム表彰。って2005年も3チーム表彰されてなかったっけ? 記憶違いならごめんなさい。

ちばYOSAに向けて

10 20, 2007
先週今週とちょっと気合を入れて仕事をこなしてきましたが、ある程度先が見えてきたので明日は休むことにしました。まぁ前段階での作業が手間取っているようで明日行ってもやることが無いというのもあるんですが(^^ゞ

明日は・・、いや明日も各所でよさこいをやっています。
千葉県内だと「睦沢よさこい」と「よかっぺ祭」。
群馬では「たかさき雷舞フェスティバル」。
埼玉では「2007YOSAKOI埼玉」。
何処も行って行けない距離ではないんですが、何とも微妙な距離。よかっぺと高崎はかなり真剣に計画も立てたんですが、やっぱりやめた(笑)
今週はしっかり休んで来週のちばYOSAに全精力を注ぐことにします。ちなみに職場の人たちには「来週土日は何が起きても休むから!」念を押しているので大丈夫でしょう。


ちばYOSAも出場チーム、タイムスケジュール共に発表され期待が高まります。
今回の出場チームを見渡してみて、ファイナルに8チームしか残れないと言うのはかなりの狭き門。
2005年、2006年(2004年は知らん)のファイナル進出チームだけでも、
北天魁、美遊、舞神楽、水戸藩、K-one動流夢、百姫隊、遊和会、武蔵瀧嵐、勇舞会
それプラス
市船吹奏楽部とかパワフルとか夏舞徒なんかが参加するわけで、この中からでも4チームは落ちてしまうというのはもったいない。
この他にもファイナルを目指して頑張っているチームも沢山あるだろうから、あのチームが驚きの落選!なんてこともあるかも知れません。
北天魁はまぁ大丈夫だろうけど、後はホントわからないです。


ミニマムはもっと混戦で(私が思っているだけかも)、正直どこが有力なのかも解りません(^^ゞ
面白いな~と思うのは「南行徳花組」かな。平均年齢はちょっと高めだけど上手いし揃っています。ちょっとちばYOSAとは違うかも知れませんが・・。
M☆SPLASHはどうなんだろうな~。上手さから言ったら断然なんだろうけど、アリなの?(笑)

写真は2005ちばYOSAより北天魁と舞神楽。
2006年はビデオに専念しておりました(^^ゞ
b07_1020.jpg

b07_1020a.jpg

木更津舞尊行って来ました

10 16, 2007
10時半に到着し、まずは各会場のチェック。
西口会場は広々していて良い感じ。木更津の観光名所は大抵西口にあるので木更津らしさを感じられるのはこちらかも知れません。まぁステージを中心に考えるとなかなか行けないかも。
東口のステージとストリート会場はいつもと同じ。
ステージ会場(東部演舞場)は、正面に設けられていた審査員席が入り口付近に移動されて非常に観やすくなりました。
難は幾つかありますが、ここで行われる以上は仕方ない問題なので書きません(^^ゞ。
ストリートは、去年がどうだったか記憶にありませんが、道に線引きやロープを張ったりもしておらず、係員や道の真ん中で堂々と撮影する他会場でおなじみのカメラスタッフも居ませんでした。いやこれは非常に観やすいです。
確かに道にはみ出す人がいたり横断する人も居るんですがそれが特にトラブルになることもなく、非常にのんびりした雰囲気になっています。
人が少ないから出来ることなのかも知れませんが、これは是非続けてもらえたらと思いました。

まずはステージでAブロック?の演舞。
やたら右のスピーカーが落ちるのが気になりましたが、白里・浜っ子の時に遂に音が完全停止。やり直しか?と思ったらまた鳴り出した。何だったんだ?ちょっと可愛そうです。

次に向かったのは一番街演舞場 A。
南総みよし烈華隊と黒潮美遊、幕張Heart'sを観ます。
やはり人が居ません。それも尋常じゃない位。
私が行った時は3人程居ましたが、良く観ると南総みよし烈華隊のチームスタッフでした(^^ゞ
始まる頃には人が集まりだしたが、観客は3人くらいかな。今回は犬はいませんでした。
次の美遊の時も10人は居なかったと思います。美遊の方達もびっくりしたんじゃないですかね(^^ゞ
まぁでも観る側からすれば美遊の踊りを追いかけながら観られるなんてあまり無いでしょうし、場所を移動しながらのびのびと写真も撮れるわけで、これはラッキー。
幕張Heart'sまで観てから東部演舞場へ戻ります。
舞粋風、木更津かずさ連、南総みよし烈華隊、幕張Heart'sを観ます。
b_2007_1014_7.jpg

南総みよし烈華隊は流し、ステージ共に良く観させていただいたが、構成も凝っていてかなり他チームの研究をしている感じ。千葉よさ夏の陣、秋の陣を転戦すれば賞の1つ2つは確実に取れそうな感じがしました。
木更津かずさ連も5月の常陸の国よさこいで見かけたのには驚いたが、かなり研究しているんだろうな~。

会場移動して、一番街演舞場。
Bブロックの演舞を観ましたが、FORZA木更津にはビックリ。
開会式の時から只ならぬ雰囲気を漂わせていましたが、すごい変わり様ですね。

最後はメイン会場に戻りCブロックを。
このブロックは強豪揃いなので見応えがあります。
その中でも美遊はすごい。王者の雰囲気が漂っていますね~。
踊りのレベルは去年からすごかったんですが、演出の質がかなり洗練されている感じ。動きの意味が計算されていて納得させられます。
北天魁はちょっと会場を一杯に使いすぎた感じで何処を見ていいのか解らなかった。観客席も審査員席もすぐ近くにあるので、首をぐる~っと回さないと全体が観えないとなると、見せ場が見逃されることもあるんではないかな~。映画館でも一番前は観づらいでしょ(笑)

観客、審査員の観る距離っていうのもかなり印象を変える要因になるような気がします。

結果
1位 黒潮美遊
2位 CHIよREN北天魁
3位 REDA舞神楽

写真は時間があるときに文章内に挿入するかも知れません(^^ゞ

(※10月16日写真追加)
左上より 舞粋風フラフ、南総みよし烈華隊、黒潮美遊
     REDA舞神楽、FORZA木更津、四街道 総舞連
b_2007_1014_1.jpg b_2007_1014_2.jpg b_2007_1014_3.jpg
b_2007_1014_4.jpg b_2007_1014_5.jpg b_2007_1014_6.jpg

木更津行って来ます

10 13, 2007
明日は木更津舞尊。
今日は仕事だったが、明日は木更津に行く予定。
出場チームを見渡すと、北天魁、舞神楽、美遊の揃い踏み。
横浜からは浜スマ、K-one動流夢。
うむむ、ハイレベルの演舞が観られそうだ。

美遊の評価が気になる。
考えてみれば、今シーズンは千葉県内で一度もコンテストに出ていない。北天魁と舞神楽の上になるのか下になるのか、あるいは間に割り込むのか。

もう一つ気になることと言えば、南総みよし烈華隊。
いろいろ調べてみると地元では演舞を披露しているようだが、いかんせん遠く、実質ほぼ木更津でしか演舞を観ることが出来ない。

会場については資料を見る限り昨年と大きく変わることは無さそう。まぁこれは実際に観てから書いてみたいと思う。

混雑具合が例年通りだとすれば、これほど観易い大会は無い様に思う。昨年の北天魁の一発目の演舞は、代表もマイクで言っていたが、人が5人で犬が1匹しか居なかった。まぁこれは喜んで良いのかは解らないが(^^ゞ

明日はちょっと寒そう。あさり汁を飲みながら応援したいと思う(^^ゞ

黒潮よさこい Part2

10 12, 2007
b07_1007_21.jpg b07_1007_22.jpg b07_1007_23.jpg
b07_1007_24.jpg b07_1007_25.jpg b07_1007_26.jpg
b07_1007_27.jpg b07_1007_29.jpg b07_1007_30.jpg
b07_1007_31.jpg b07_1007_32.jpg b07_1007_33.jpg
b07_1007_34.jpg b07_1007_35.jpg b07_1007_36.jpg

10 12, 2007
最近私のblogでも多くの写真を公開することが多くなり、写される側の肖像権やプライバシー権を十分配慮してUPしていきたと考えています。

1.多数の人が写っている場合は群集とみなし、特にご連絡はいたしません。
2.明らかに1人を狙った物、または顔が大きく写っているものは許可を得てから掲載します。
3.2の場合であっても顔の表情が判りづらい場合(後ろ向き等)は特にご連絡はいたしません。

また、どのような場合であっても削除依頼があったものは速やかに削除いたします。
コメント欄か左にあるメールフォームよりご連絡下さい。
0 CommentsPosted in その他

黒潮よさこい 舞粋風

10 09, 2007
まず舞粋風さんアップします。
b07_1007_02.jpg b07_1007_03.jpg b07_1007_04.jpg
b07_1007_05.jpg b07_1007_06.jpg b07_1007_07.jpg
b07_1007_08.jpg b07_1007_09.jpg b07_1007_10.jpg
b07_1007_11.jpg b07_1007_12.jpg b07_1007_13.jpg
b07_1007_14.jpg b07_1007_15.jpg b07_1007_16.jpg

黒潮よさこい

10 09, 2007
銚子に10時前には着きたいと思い、7時に出発。
会社に行くより1時間も早く出発はさすがに眠いんですが、平日より目覚めが良いのは喜んで良いんでしょうか(^^ゞ
特急も使ったので9時半頃に到着。早速メインステージ会場へ。

立派なステージがドーンと作られておりました。場所も変わっていて、これなら西日に悩まされることなく観られそうです。
とりあえず周りをうろうろして、売店などのチェック。おお! BEERは売ってないんだ~。って去年もそうだったかも(^^ゞ
これだったらバイクで来れば良かったかな~。でも帰りが夜って言うのが問題なんだよな。道に迷いそうで。

ステージ前は、サポーターズシートと言う有料席になっていて、入る為には1000円のチケットを買わなくてはいけない。ま~色々な意見があるかと思いますが、私的にはコレは有りなんじゃないかと。このイベントは見るからにお金が掛かっていそうな感じで、協力出来るところは協力していきたいと思わせるものでした。まぁ協力と言っても微々たるもんですが(^^ゞ
ちなみに席はすべて自由席なんですが、私みたいにあっち行ったりこっち行ったりして、ほとんで座っていない人にはその方が気楽かな。
気になったことは、夕方になると観客の数がガクンと減るんですよね。去年ほどじゃないにせよ、周りに人が居なくなるとやけに寂しく感じてしまいます。
しかし、恐らく偉い方の判断なんでしょうが、ファイナルの辺でサポーターズシートを開放してくれたおかげで大分賑やかになりました。
出来たら観客席の後ろ、審査員席の前に、立見でも良いのでビデオやスチルカメラ撮影OKなスペースを用意して貰えたら嬉しいかな。

さて、チーム演舞。
まずはステージ会場で南行徳スカイ、黒潮美遊を観ました。
美遊は茂原以来久々に観ましたが、相当レベルアップしている印象。特に男踊り。以前はお祈りシーンの時の動きが小さく、ちょっと物足りなさを感じたんですが、今回は全く無し。大きな振りとステージを一杯に使った構成は少ない人数を感じさせない素晴らしさでした。
舞粋風のステージまでは時間があるので、白幡会場へ。
b07_1007_01.jpg

潮っ子組と翠天翔を観てきました。潮っ子組は小見川以来かな。相変わらず表情が良いですね~。翠天翔もさすがです。
急いでステージ会場に戻り、舞神楽を観てから舞粋風のビデオ撮影と写真を撮りました。これでまずは一安心(^-^)v
ちょっとブラブラしていたら思いのほか時間が経っていて、マズイ! 荻組いぶきと輝翔連を観なくては。本通会場は間に合いそうも無いので、一気に銀座会場へ。途中北天魁が踊ってたので2会場追い掛け(^^ゞ
銀座会場でカメラを用意して輝翔連、北天魁、楽天舞、和気藹藹、荻組いぶきを観戦・撮影。
荻組いぶきも茂原以来でしたが、良かったですね~。序盤、女踊りの柔らかさについつい目が行ってしまいます。柔らかさと力強さの調和の取れたチームって観ていて本当に綺麗です。
その後はステージ会場に戻りキッズ大会を観戦。どのチームも上手かったんですが、虎いぶきと翠天翔が1歩抜けていた感じかな。
キッズの表彰式が終わってからはビデオの準備をして、荻組いぶき、和気藹藹、輝翔連、北天魁の撮影をしつつ写真も撮って結構忙しい(^^ゞ 

審査結果
大賞  CHIよREN北天魁
準大賞 REDA舞神楽
準大賞 幕張Heart’S

幕張Heart’Sは振りが大きく、なおかつステージを一杯に使うんで、人数の少なさを感じないですね。審査員が違う鎌ヶ谷と銚子で共に上位。本物です。
個人的には4位?に入った舞粋風のファイナル進出が嬉しかったです。茂原のファイナル演舞が印象的で、どうしてもライトアップされた夜の演舞が観たく、発表の時は小さくガッツボーズ。
最後のつむじ風みたいに巻くところは、茂原では上から見ていたのではっきり解ったんですが、高いステージで見上げるように観るとちょっと解り辛いですかね。まぁ会場の形態はそれぞれですからこれ!と言う物はないのかも。回った人の頭が光るとか(^^ゞ 失礼しましたm(_ _)m

YOSAKOI松戸

10 06, 2007
爽やかな晴天に恵まれ、26チームの演舞が行われました。

明日風良かったです。
去年の夏頃から注目して観ていますが、若い人も増えてきてチーム全体の勢いを感じます。踊りが綺麗。
魁sakigakeもかなり良かったですね。
ちょっとビックリです。

後半の勇舞会、夏舞徒、REDA舞神楽、北天魁はもちろん良かったんですが、順位は参加人数の差ですかね。
個人的には彩夏祭と原宿でとても良かった勇舞会が、千葉YOSAで良い所に行くんじゃないかな~と思いますけど。まぁ人数次第かな。
北天魁は今まで観た中で一番良かったかも知れない。気迫、キレ共素晴らしかったです。なんて書くと競馬の調教コメントみたいだな~(笑)

結果
1位 CHIよREN北天魁
b07_1006_11.jpg

2位 REDA舞神楽
b07_1006_10.jpg

3位 夏舞徒
b07_1006_09.jpg


b07_1006_01.jpg b07_1006_02.jpg b07_1006_03.jpg
b07_1006_04.jpg b07_1006_05.jpg b07_1006_06.jpg
b07_1006_07.jpg b07_1006_08.jpg b07_1006_12.jpg
b07_1006_13.jpg b07_1006_14.jpg b07_1006_15.jpg

松戸&黒潮

10 05, 2007
随分迷ったけど行くことにしました。
自分でも驚くくらいの喪失感が有りましたが、それ以上に感じているであろう人達の、一生懸命に笑顔を振りまいて踊る姿を観てこようと思います。

いつも通り、BEER飲んで楽しみますよ。
b07_1005.jpg

なお、このバックは黒潮限定です。

雨の週末

10 01, 2007
朝から雨だとなかなか外に出る気も無くなるんですが、夏の暑くてじめじめした雨よりよっぽどまし! と思いながら半袖で表に出たら「さむっ!」、長袖シャツにもう一枚羽織って丁度良い感じです。
ちょっくらヨドバシAKIBAに行ってきました。
b0930a.jpg


ヨドバシは特に書くこともないので(^^ゞ まずは先週の野辺山の反省から(話が飛ぶな~(笑))
私の持っているEOS KISSの小さくて暗いファインダーだと暗い天体の導入はかなり苦しいです。広角レンズの場合はほとんど星が見えないので勘で位置を合わせて撮っているし、望遠レンズの場合は視野が狭いのでファインダーを覗いて位置を微調整していると、もうどっちに向けたら良いのか判らなくなってくる。
やはりこういったものが必要なのかも。
b0930b.jpg

それと使っているレンズの中で、どうも片ぼけ傾向のものがあるので修理が必要かも。買って1年も経つのに早く気付け!(笑)

星の写真なんて三脚とカメラがあれば撮れるんですが、より快適、より成功率を上げるなんてことを考えると、細かい備品を幾つも買っていかないといけなくなってしまいます。
結構な出費ですよ~。数ある写真ジャンルの中でも一番金が掛かるでしょう(^^ゞ


またまた話が変わって、今週はかなり仕事が忙しくなりそうな感じです。
土曜日の松戸はもう諦めているのですが、問題は日曜日の銚子。
何としてでも行きたいな~。救いは10月19日までに終わらせれば良い仕事なので(とは言ってもボリューム的にかなり厳しい)、土曜日までに頑張って前倒しで進めていけば道は開けるんじゃないかと楽観的に考えております。
まぁ今日、目印となる黄色いバッグを買って来た位なので、行く気ではいますけどね(笑)
行けそうだったら着ていく服や、バッグの写真などをUPしまーす。
4 CommentsPosted in その他
プロフィール

星&まつり

Author:星&まつり
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Flashリバーシ
最近の記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
pictlayer
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。