スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フットルース

06 28, 2012
好きな映画3つ挙げろと言われたら、これ絶対入れます。
高校時代良く観たし良く聴いた。
残念ながらリアルタイムって訳では無かったけど。





スポンサーサイト
0 CommentsPosted in その他

政治

06 27, 2012
「おいおい、こんな法案があっさり通っちゃうの?」、「やるって言ったこと全然出来てないじゃん」
なんて思っても、我々国民はただただ見ていることしか出来ません。
結局、国民が支持して当選させた我々の代表が政治を行うという、現状のシステムでは当然のことです。

では、諦めるしかないのか。


ん~・・・今は諦めるしかないかも知れませんが、選挙の時にダメという烙印を押してやれば良いのです。
衆議院は4年、参議院は6年(3年ごとに半数改選)で選挙があります。
衆議院の場合は任期途中で解散となることが多いため、実際の任期はもっと短いはずです。

駄目だと思った政党は政権から降ろす。
駄目だと思った議員は政治家から降ろす。

ダメージが大きいのは政治家から降ろす方ですね。

代りの政権や議員がいないよと言う人もいるかもしれませんが、同じ人や政権に投票していたら何も変わりません。同じことの繰り返しです。
選挙の時は甘い言葉を囁くはずですが、騙されてはいけません。
これから何かをやりますなんていう言葉は、今の政党を見て、いかにいい加減かも判ったかと思います。
新人さんには期待を込めても良いでしょうが、そうでない場合は過去に何をやってきたかという実績を見ましょう。

「この人に託す」という、本来の選挙制度の趣旨からは逸脱してしまうのかもしれませんが、変なことをしたら、大物であろうとも政治の場から降ろされる、そんな危機感を持たせることが重要だと思います。
また、組織票に対抗するためには、無党派層の人達がどれだけ政治に関心を示し、投票所に行くかにかかっています。
選挙って、自分の思いが国政にまで影響を与える可能性の有る、唯一と言っても良いチャンスなんだと思います。

政権がころころ変わると国政に影響が出る可能性も有るのですが、現状、何処がやっても大して変わらないでしょ

0 CommentsPosted in その他

本土寺

06 25, 2012
本土寺へアジアイを見に行ってきました。
もうこの時期恒例ですね。

b20120625_02_700.jpg


HDR風の色合いで。
あまりこってり系は好きじゃないですが、たまには良いでしょう。
b20120625_04_700.jpg
0 CommentsPosted in 自然

酔っ払い

06 21, 2012
お酒はほどほどに

0 CommentsPosted in その他

雨上がり

06 17, 2012
雨が上がり、太陽が顔を出すととたんに蒸し暑くなりますね~。
入梅はしたものの涼しい日が続きちょっとほっとしていたのですが、いよいよ蒸し風呂地獄がやってきますかね(^^ゞ


b20120617_01.jpg

b20120617_02.jpg
0 CommentsPosted in 自然

YOSAKOIソーラン

06 13, 2012
今年でソーランは3回目。
札幌の街にも慣れてきたと言いたい所ですが、大通りとすすきの周辺しか歩きませんからね。
街のほんの一部分しか知らないと言っても良いんだと思います。
他の会場に行ってみたい気持ちもありますが、どこかのチームに帯同しないと無理だろうな~。
それでも今回は西8に張り付きでは無く、大通りパレードや三越会場、丸井今井会場にもちょくちょく足を運んでみました。
これが出来たのもストリーミング配信のお陰ですね。
事前に演舞を観ることによって、あのチームはどうしても観ておかないと、と言う衝動がだいぶ和らぎました。
でも結局それって、ギミックがわかってしまうと・・・ってことになるんですよね。
一発勝負の審査なので、ギミック満載でインパクトを与える方向で行かないと、なかなか拾って貰えないという現実もあるかと思うのですが、もし5回・10回観てから「さぁどのチームが良かったですか?」となると、だいぶ顔ぶれも変わってくるのかも知れません。

まぁ審査がソーランの全てではありません。
自分もソーランに行く前は、お祭りと言うより大会というイメージが大きかったのですが、実際行ってみると、20人・30人くらいで楽しく踊っているチームも沢山ありることがわかりました。
ワオドリスクエア会場ではチーム・観客関係無く総踊りを踊っています。
もし大会というイメージを持たれた人がいれば、一度足を運び実際に自分の目で見てみることをお勧めします。だいぶイメージは変わると思いますよ。

それにしても感心するのが、沢山のボランティアスタッフ。
その中でも朝から晩までゴミ箱の前で笑顔を絶やさず仕分け作業をしている方、これはそうそう出来ないですよ。
きっと無償でやっていらっしゃるのだと思います。
こういう人達にも報酬をなんて言ったら運営資金が足りなくなっちゃうんだろうな。


今回は黒潮美遊さん、潮っ子さんの撮影をやらせていただきました。
これはとても貴重な経験になりました。
ありがとうございました。

あわ夢の写真

06 05, 2012
クリックすると拡大されます。

b20120605_1_750.jpg



そうだそうだ。4枚だけ撮ってたんだった(^^ゞ
全部通して観ていないのがバレバレなんですが、98%はばっちり観ていますよー。
1枚目は無理やり明るく調整したのでノイズ多いな~。ごめんなさい。

札幌

06 05, 2012


荷物が多いのでリストにしてみた。
服や雑貨などは良いとして(とりあえず財布を忘れなければ何とかなる)、航空チケットや桟敷券、カメラ関係の忘れ物は無い様にしないと。
週間天気予報をみると、夜は結構冷えそうだな~。

南総みよし烈華隊

06 03, 2012

ドルフィンホテル

06 01, 2012
札幌と言えば「ドルフィンホテル」

村上春樹の小説「羊をめぐる冒険」を呼んだことのある人なら、そう連想する人も多いのかもしれない。

札幌には何度か行っているけど、いまだにお目にかかっていないな~。
まぁ小説の中の話しだし、本が発表されたのが1982年。
モデルとなったホテルが実際に有ったとしても、現在残っている可能性はほとんど無いのかもしれないですね。

それでも何人かの方は小説の中の手掛かりを元に探していらっしゃるようです。

こういうのは夢があって良いですね。



6月9日から今年も札幌に行きます。


小さく、無個性。
その無個性さにはある種の形而上的な雰囲気さえ漂っていた。
ネオンもなく大きな看板もなく、まともな玄関さえなかった。
愛想のないガラス戸のわきに「ドルフィン・ホテル」と刻まれた鋼板がはめこまれているだけだ。
建物は五階建てだったが、それはまるで大型のマッチ箱を縦に置いたみたいにのっペりとしていた。



細い路地の先にこんなホテルが現れたらびっくりしちゃうだろうな。

0 CommentsPosted in その他
プロフィール

星&まつり

Author:星&まつり
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Flashリバーシ
最近の記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
pictlayer
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。