スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フットボール

03 19, 2009
数年前までは週に2冊の雑誌を買っていたくらいサッカーに夢中だったのだが、最近はほとんど買わなくなってしまったな~
本屋で読むことが多くなったのかな(^^ゞ
まぁそれは良いんだけど、当時ひとりの女子選手のことがかなり気になっていたのを思い出す。




世界のほとんどの国や地域に広まり、国際サッカー連盟(FIFA)の加盟国が国連加盟国の数を上回るなんて状況になっているサッカー(ほとんどの国はフットボールと言うが・・・)の場合、日本のような後進国では並大抵な努力では世界に追いつくことは出来ないんだろう。

そこで、と言うことなのか、日本サッカー協会(JFA)は2006年に「JFAアカデミー福島」と言うエリート養成学校を設立した。

-以下Wikipediaより引用-
サッカー選手のエリート養成に於いて30年以上の歴史を持つフランスのフランス国立サッカーアカデミー(INF)をモデルに作られた。
アカデミー生はJヴィレッジ近郊に建てられた専用の寮に寄宿しながら地元の公立中学・高校に通学して学生としての教育を受け、放課後にアカデミーで各種の教育を受ける。指導内容は日本サッカー協会の最高ランクの指導者資格であるS級コーチライセンスと教員免許を併せ持つ専属コーチやモデルとなったINFで長年校長をめたクロード・デュソーによる技術指導だけでなく、英会話、論理的思考、ロジカルコミュニケーションスキル、リーダー教育、マナー講習、地元農家の協力による米作り体験、奉仕活動など多岐にわたる。また日本サッカー協会の技術委員会、女子委員会、スポーツ医学委員会や、ドクター、アスレチックトレーナー、アスレチックカウンセラー、管理栄養士らによりメディカル・フィジカル・栄養・メンタルのケアにも注意が払われている。
-引用終わり-

ちなみに「JFAアカデミー福島」があるJ-VILLAGEは、一般の人も宿泊出来るんですね~。
http://www.j-village.jp/index.html

エリートって言葉は、今の日本社会に於いてはほとんど使われていないんじゃないかな。エリート官僚くらいしか思いつかない(^^ゞ
競争は極力避け、普通でいることが良しとされる教育では、世界で通用するような人材は出てこないと言うことだろうか。




その選手は、将来のなでしこジャパンのゴールキーパー(GK)を発掘・育成する「スーパー少女プロジェクト*」の一期生だった。
* http://www.jfa.or.jp/training/super_girls/index.html


数年前のサッカー雑誌で、名前と身長が書いてあって、たしか15歳で178cmくらいだったのかな~。
随分と有望な選手がいるもんだと思いながら見ていたのだが、たまたまJFAのサイトを見ていて驚いた。
U-20のワールドカップ「チリ2008」で既に日本代表に選ばれていたんだね~
http://www.jfa.or.jp/national_team/u-20w/index.html
身長は187cmになってるし!
ちょっと前まではこういった人材はバレーやバスケなんかに引き抜かれることが多かったと思うんだけど、幼少期から日本サッカーの最高峰であるJ1まで一貫した育成システムを整えつつある日本サッカー界の戦略は大成功なのかも知れない。
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in その他
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

星&まつり

Author:星&まつり
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Flashリバーシ
最近の記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
pictlayer
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。