スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒潮よさこい感謝祭

12 07, 2010
銚子までは2時間半程で着いた。
まだ工事が続いている銚子大橋の途中で、「千葉県に入りました」とナビが告げる。
画面には落花生のイラストが
・・・初めて見たぞ(笑)

1週間ほど前、週間天気予報に日曜日の予報が載るようになってからというもの、毎日気になって仕方なかったのですが、晴れて本当に良かったですね。

朝8時半にステージ会場に着くと、観客席の設営はすで終わっていて、観客がぽつぽつ座り始めていました。
いつもと違うのは最前列が結構空いていたこと。
どうやら椅子席では三脚が禁止されていたようです。
他のイベントでは最前列に三脚がずらーっと並んでいる光景が普通になってきているので、今回は非常にすっきりした景観で新鮮でした。


今回も舞粋風さんに付いて写真を撮っていましたが、空いた時間は他のチームの演舞を観たり、知り合いと話をしたりで、楽しんで過ごすことが出来ました。
いわしのつみれ汁も2杯食べたし、これくらい余裕を持った方が精神的にも疲れず長続きするのかな。

ステージ審査会場の演舞が終わると、パレード会場の本部席でファイナル・セミファイナル進出チームの発表がありました。
今回はファイナル6チーム、セミファイナル6チームの計12チームが2つの会場で受賞演舞を行います。
また、ファイナルの6チームは更にパレード審査を行い、ステージの点数+パレードの点数で順位を競うという方式でした。

ファイナルに残ったチームは
・チーム利ゑ蔵
・REDA舞神楽
・水戸藩YOSAKOI連
・黒潮美遊潮っ子組
・R-TASTe
・遊奏舞陣

どのチームもとても魅力的なのですが、自分はセミファイナル会場へ。

観客のほとんどはファイナル会場に流れ、こちらはちょっぴり寂しい感じはありましたが、それが却ってドラマチックな感じがしてひとり感動していました。
そして、残念ながらファイナル・セミファイナルに残れなかったチームにも、それぞれ沢山のドラマがあったのだろうな~と考えるのです。
今年最後の審査イベントだと、やはりこういった思いは巡ってきますね。
各チームの1年間の密着VTRなんかがあれば欲しいな~(笑)


今回は運営費の募金をやっていましたが、これはもう大賛成。
もう企業や自治体の援助だけではやっていけない時代なんだと思いますよ。
観る側も協力していかないと、イベントそのものが無くなっちゃいますからね。


今年の大きなイベントはこれにて終了。

利ゑ蔵さんの大躍進があったり、遊奏舞陣さんの小見川での大賞。
舞ちはらさんの初ファイナルもありましたね。
どこが上位に入るのか分からないというのは、観る側にとってはとても面白い年でした。

今年、自分の中で一番印象に残ったチームは、

白里・浜っ子さんです。

何度見ても凄いなと思えるチームって気持ちが入ってるんだな~。
これを教えてくれたチームです。
スポンサーサイト

Previous: いやいや参った

Next: 昨日
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

星&まつり

Author:星&まつり
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Flashリバーシ
最近の記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
pictlayer
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。