スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節電

07 01, 2011
電気を備蓄することは、今の技術では現実的ではないため、ほとんど行われていないはず。
では、使われない電気はどうなるのか。
不確かなことを書きっぱなしにも出来ないので調べてみました。



基本的に電気が余ると言う事は無いらしい。
というより、送電線は全国に繋がっている為、電気が余り気味になると電圧が上昇し、洗濯機が速く回り始めたり蛍光灯がやけに明るくなたりで、かなりまずいことになるようです。

そういう訳で、需要に対して電気が余り気味の時は、水力発電所を停止したり、火力発電所の出力を絞ったりして細かく調整しているようですね。
つまりは使う分しか発電をしていないと言うことでしょう。
良くポータルサイトなどで見る、現在の電力使用量メーターですが、何%って言う数字は、現在の発電量に対する比率ではなく、供給可能電力量に対する比率だったんですね。


原子力発電は、炉心に出来るだけストレスを与えないようにするため、出力調整はしないようです。
そのような発電所の余った電力は、他の電力会社に送ったり、揚水発電に使ったりすることもあるようです。
揚水発電というのは(いろいろな形式があるようですが)、簡単に言うと発電用ダムですね。
夜間の余剰電力を使い、水を高い所に汲み上げ、昼間に水を落とすことにより電気を発生させる仕組みのようです。
電気を作り出す元となる大量の水を蓄えることにより、直接的ではないですが、巨大な蓄電池の役割を果たすのでしょう。


基本的に使う分しか発電しない。
仮に電気が余り気味でも必ずどこかで消費される。
こういうことのようです。


と言う訳で、「原発が停まって電力不足になったから夜間も節電しよう」と言うのは、理解としてはちょっと違うような気がします。
夜間に関しては供給可能電力量は足りているのですから。
それに、夜間節電しかからと言って、翌日に電気が持ち越される訳ではありません。
自然環境に配慮しての節電、もしくは原発が無くても十分やっていけることを示すための節電。
夜間の節電は上記の意味合いが大きいのかも知れません。

スポンサーサイト
0 CommentsPosted in その他
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

星&まつり

Author:星&まつり
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Flashリバーシ
最近の記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
pictlayer
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。