スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近くて遠い海

05 05, 2007
5月3、4日と、月の写真を撮る為に東京湾岸エリアを歩き回っていました。
私の場合、GoogleマップやGoogle Earthを使い、大体の目安を付け現場に行ってみるのですが、現場に着いてから思惑と違い戸惑うこともしばしばです。
今回は、まずレインボーブリッジが東方向に見渡せる場所として、芝浦ふ頭に行ってみました。
Googleマップで見る限りでは、海岸に続く道も幾つかあり、場所的に全く問題は無いように思われたのですが、いざ現場で海岸に行こうと思うと、そこに道はあるもののことごとく入り口が「湾岸関係者以外立ち入り禁止」の看板と共に封鎖されており、海には近づけません。
しかたなく道を北に向かい歩きますが、どこまで歩いても海に続くと思われる道は封鎖されています。
途中、東京ベイクルーズシンフォニー乗り場があり、ようやく海を見ることが出来ましたが、観光客用の記念写真撮影にも使われているようですし、夜間は果たして開いているのかという問題もあり、更に北に歩きました。
ようやく満足できる撮影ポイントが見つかったのは、芝浦から1kmほど歩いた「竹芝客船ターミナル」でした。ここは伊豆諸島や小笠原方面に向かう船乗り場で、綺麗なトイレや自動販売機、売店もあり、海を見渡せるデッキも長さ100m以上はありそうで撮影はもちろん、夜景を眺めるにも最適な場所だと思います。お台場に比べると人も少ないですし、その気になれば一晩過ごすことも出来そうです。

続いて翌日は、幕張新都心を南東方向に見渡せる場所を求めて、市川市の市川塩浜という所に行ってみました。
ここも湾岸には工場が立ち並び、海に近づけそうもありません。何とか通れる道を探し湾岸方向に進むとようやく潮風と共に海が見え始めました。
更に近づいていくと、道と護岸された海岸線との間には金網で覆われた柵が巡らされており、海は見えるものの写真は撮れそうもありません。
しばらく進むと、漁船らしき船が停泊している場所があり、唯一そこが柵を越えられそうな所だったんですが、中に入るにしても、先ほどの金網の所に「護岸崩壊の恐れがあるため立ち入り禁止」と書いてありまして・・。実際に入っても波のシブキが容赦なくかかっていて撮影どころでは無かったでしょうね。
b0503a.jpg

スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 未分類
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

星&まつり

Author:星&まつり
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Flashリバーシ
最近の記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
pictlayer
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。