スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013天文現象

01 08, 2013
昨年は金環日食で盛り上がりましたが、2013年はどうでしょうか。

2013年は明るくなると予想される彗星が2つやってきます。

ひとつはパンスターズ彗星(C/2011 L4)

近日点通過(最も太陽に近づく日)が3月9日
日本からだと近日点通過以降に夕方の西の低空に見られます。
予報では0等級~-1等級まで明るくなりそうで、10度程の尾を引く可能性があります。
(明けの明星、宵の明星でおなじみの金星が約-4等級、全天で最も明るい恒星のシリウスが約-1.5等級、織姫星で有名なこと座のベガが約0等級)
肉眼で楽勝で見えそうな彗星がようやくやってきました。
地球にはあまり近づかないので尾は短めの予想です。
予想ほど明るくならないんじゃないかという話も聞きますがどうなんでしょうか。


もうひとつはアイソン彗星(C/2012 S1)

近日点通過が11月28日
近日点通過時の明るさ-10等級かそれ以上(満月の明るさは約-13等級)
近日点通過後、明け方の東の空にとんでもない大彗星として観察できる可能性が高そうです。
史上最大に明るくなる彗星なんて記事もあったりしますね。
もしかしたら青空の中に見つけることが出来るかも知れません。
しかも、日本からの観測条件は非常に良いのです。
本命はこちらですかね。


個人的に、1997年に現れた大彗星、ヘール・ボップ彗星を見逃しているので、この2つの彗星は是非とも見ておきたいところです。
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in

Previous: プレゼント

Next: 2013
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

星&まつり

Author:星&まつり
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Flashリバーシ
最近の記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
pictlayer
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。